お母さんは僕が生まれてからずっとお母さん、35年間、365日休む事なく、お願い事があれば聞いてくれる。更に孫の面倒まで見てくれる世界一大変なお仕事。今でいうまさにブラック企業。
若い頃、僕は洋服や旅行が大好きでバイト代が入れば洋服を買ったり、靴を買ったりしていました。
お母さんは、いつもの洋服、いつもの靴、生活の足しに…とパートに出ていく。
僕が大人になり、仕事をするようになっても必要なもの以外は買わず、洋服に興味も持たなかったり、車だって「小回りが利くからね」と言ってこだわらない。
自分が大人になってその気持ちわかった気がします。
仕事の為に、子供達の為に、家族の為に、誰かの為に、と、
自分自身にどんどん興味が無くなっている気がします。お母さんは僕が生まれてからずっとお母さん。
僕がお茶屋になってたくさんお茶をあげても平気で出がらしを飲んでいる。
お茶で溢れる位にプレゼントしても「勿体無い気がして…」と朝淹れたお茶を飲んでいる。
まったくもう…。と思いながら、僕も「勿体無いから」と言って娘が残したトーストを食べている。親子ってこういう事なのかもしれません。
母の日に僕ができる事は、また溢れる位にお茶を贈る事、そして母の為に本気でお茶を淹れてあげる事。
容赦無く一煎目を何度も味わって貰うこと。
そして、妻もまた子供達のお母さん。
日頃から感謝の言葉を伝えている方だと思うけど、母の日はもっと盛大に「ありがとう」を伝えたいと思う。
キャンディアリス 立野武裕

明日13日はCandyAliceは臨時休業となりますので、本日中に母の日ギフトをお求めくださいませ。